異物検査の重要性や燃焼試験の内容について

顕微鏡検査18

製造現場において異物混入は絶対に避けるべき不具合とされています。異物が入り込んだ製品が市場に出ると社会的な信用を大きく損なうためです。異物混入の疑いが生じた場合、対象の製品を回収して入念な検査を行います。

中で、燃焼試験は多くの情報を得られる方法として、業種を問わず普及しているのです。安全で高品質な製品作りを行うためにも、異物検査について学びましょう。

異物検査に使うセンサーの色々


異物混入による損失について

現代社会において製造の現場は施設が大型化し、製造する数も膨大なものになっています。市場が世界規模で広まっているのが主な理由ですが、製造する数が多い分、トラブルに見舞われるリスクも大きくなっているのが実状です。

中でも、異物混入はあらゆる業種の製造現場で起こる可能性があり、一度でも発生すると対処に追われることになります。異物が入り込んだ製品が市場に出てしまうと製造管理が適切に行われていないと見なされてしまい、社会的な信用の失墜は避けられません。

たった一つの異物混入が製造施設の閉鎖や会社の廃業に至ったケースもあるので、業種に関係無く徹底した品質管理が保たれているのです。異物混入の原因は大別すると過失と故意がありますが、どちらも完全に防ぐことは非常に困難です。

一つの製品を完成させるまでいくつもの工程があるので、過失でも故意でもどこで異物混入が起きるかを予測することはできません。それでも製造ラインに保護カバーを取り付けたり監視カメラを作動させたりするなど、さまざまな方法で対処することはできます。

過失であれば製品を作る工程をむき出しにしないように工夫することでトラブルを避けることは可能であり、故意の異物混入なら常に人の目がある環境にするのが効果的な対処法です。製造現場の環境を改善させることが重大なトラブルの発生リスクを減らすことに繋がるのです。

異物検査は製品の品質を保つために必要な行為

顕微鏡検査21

異物検査は完成した製品に異物が入り込んでいるかどうかを確認する行為というイメージがあります。

実際に確認する目的もありますが、本来の異物検査は製品の品質を維持するために行うのです。製造技術が向上したことにより、短時間で多数の製品を作ることが可能になっていますが、外見では何の不具合が無いように見えても中身は重大な劣化が生じているケースは珍しくありません。

大量に作る現場では品質が安定しにくく、同じ製品でもタイミングで品質が大きく変わってしまうことがあります。そのような製品を市場に出すわけにはいかないので、製造の現場では定期的に異物検査を行っているのです。

異物検査では基本的に製品に不必要なものが混在していれば異物混入と見なされます。異物の正体が製品の材料であっても、変色や溶解といった不具合が生じていたら異物として扱われるのです。市場に出せる状態ではない原因を作った物は材質に関係無く異物として扱い、そのような事態が発生した原因を特定するのが異物検査に求められる成果なのです。

製造ラインの点検だけではわからない、隠れた不具合を見つけることが異物検査の醍醐味と言えます。それだけに検査は慎重に行い、正確に情報を収集しなければいけません。得られた情報は製造の工程や現場環境の見直しに繋がるためです。

燃焼試験の効果と注意点

異物検査にはさまざまな方法がありますが、中でも対象物を燃やして反応を見る燃焼試験は多くの情報が得られるメリットがあります。同じ燃焼でも材質によって炎の色や形、燃え方などに違いがあるのでどのような異物がどれだけの割合で混入しているのかを知ることが可能です。

煙や臭気の有無、燃えた後の残骸の色や形状も異物混入の有無を知るための重要な情報になります。しかし、燃焼試験は対象物を大きく変質させてしまう欠点もあるので、基本的には他の試験方法では判断ができない時の最後の手段として行われるのです。

また、火を使うので火災や酸欠などの事故を起こさないように注意する必要があります。

燃焼試験は多くの情報が得られる反面、環境の違いによる影響を受けてしまう欠点もあります。同じ対象物を燃やしても酸素濃度や対象物の大きさ、空気中の湿度の割合などが異なると燃え方も変わってしまうことがあります。

正確な情報を得るには複数回の燃焼試験を行う必要がありますが、同じ環境で試験を行うように注意しなければいけません。その一方で、あえて異なる環境による燃焼試験を行い、燃え方の違いを比較するケースもあります。

異物検査を正確に行うための工夫

異物検査は得られる情報が正確でなければ行う意味がありません。特に燃焼試験はやり直しができない方法なので、事前の準備には細心の注意を払う必要があります。燃焼試験で正しい情報が得られないのは燃焼の手順を誤ったり、試験を行う環境が一定ではなかったりするのが主な理由です。

また、燃焼させる対象物に余計な異物が付着するなど、試験を行う際の準備が粗雑なのも不具合に見舞われる理由の一つなので、試験は慎重かつ丁寧に行うことを心がけます。

燃焼試験をはじめとする異物検査で正しい情報を得るには、予め決められた手順を厳守することが重要になります。異物検査を行う対象物の扱いも同様であり、製造過程で入り込んだ物以外の異物が付着しないように注意しなければいけません。

どのような試験でも余計な異物の混入や刺激の発生が無い、密閉した空間で行うのが正しい情報を得るための工夫になります。また、試験用の設備や器具を素手で触らないのも基本です。より正確な情報を得るために試験は複数回に分けて行うのが普通ですが、回数が多くなればそれだけ結果が出るまで時間がかかることを把握する必要があります。

異物検査を専門業者に委託する利点と欠点

製品の異物検査は自社の専門部署で行うのが従来の常識でしたが、近年では業務の効率化の一環として異物検査専門の業者に委託する所が増えています。専門業者による検査は自社検査にありがちな不祥事の隠ぺいがありません。

そのため、得られた情報は正確で信頼できる利点があります。その反面、検査業務を委託するための費用が嵩んでしまう他、複数の会社や団体から異物検査を委託されている業者は結果が出るまで長い時間がかかってしまうのが欠点です。

必要な情報をすぐに知ることができない可能性もあるので、外部の業者に異物検査を任せる場合は費用や所要日数を考慮して判断することが業務を円滑に進める条件になります。